“心房細動”のお話

Q.気候が安定しないせいか、体調がよくありません。時々動悸や胸苦しさや息切れが出てめまいがします。どうしたのでしょうか?
A.心房細動の恐れがあります。私たちの心臓は一分間に60~80回の収縮と拡張をくり返し、血液を全身に送り出しています。その規則正しい電気信号を正確に出すことによって生きられます。
ところが、何らかの原因で電気信号が乱れると、心房が不規則にふるえてうまく収縮できなくなります。するとドキドキを強く感じたり(動悸)、脈の乱れ(不整脈)が起こり、それが胸苦しさなどの症状となって現れるのです。最初はほとんどの場合、少しすると症状は治まりますので心房細動があっても、一時的なものとして軽視しがちです。それどころか、自分の心房細動に気づいていない人も少なくありません。

EPSON MFP image