“乳癌超音波検査のお勧め”のお話

 Q 市のマンモグラフィー検診で「異常なし」の結果が何年も続いていたので安心していましたが、姉が乳癌になったので心配になり、超音波検査を受けたら腫瘍が見つかり、超音波ガイド補助下の細胞診検査で乳癌と診断されました。後に自分の乳房がマンモグラフィーでの「不均一高濃度」だったと知りました。どういうことなのでしょうか?
 A 乳房内は母乳を作る乳腺が張り巡らされ、乳腺密度が高い順に、マンモグラフィーでは「高濃度」「不均一高濃度」「乳腺散在」「脂肪性」の4段階に分類されます。密度が濃いとその中に癌があってもマンモグラフィー画像では全体が白く写ってしまい、同じく白く写る癌を見つけにくい状況が出現しますので癌があっても発見されないことがあるわけです。

EPSON MFP image