逆流性食道炎のお話

Q 31歳男性です。胸が締め付けられ焼け付くような痛みでよく目が覚めます。昼間でも空腹になると胸が痛くなり、仕事もままなりません。水を飲んだり食事をすると少し痛みは改善しますが、どうしたのでしょうか?

A 胃酸や食物が胃から食道へ逆流することにより、食道の粘膜が炎症をおこし、びらんや潰瘍ができる逆流性食道炎の可能性があります。下部食道括約筋は、食道と胃の境界にあり、通常は食道をしめて胃内容が逆流しないように働き、食べ物を飲み込む時には、ゆるんで食道から胃に食べ物が落ちるようにしています。逆流性食道炎は胃酸分泌が多い状態で、この筋肉が弛緩し胃酸が食道に逆流するために、食道粘膜が障害を受けて発生する疾患です。

EPSON MFP image