遠隔画像診断支援サービスのご案内
 


 当クリニックではCT・MRI・DR・CR・マンモグラフィーのレントゲン機器は全てデジタル処理専用の機器を採用しました。
 検査データーはDICOMサーバーで管理し、院内のネットワークを介して各診察室で専用高精細度デイスプレーで読影を行ないます。
 これらの画像はデジタルデーターとして保存されるため、常に安定した画像が再現され、レントゲンフィルムにあったような経時的な画像の劣化は全くありません。
 また、デジタル処理により画像を加工して新画像を作成することにより、様々な検討をすることも出来るようになりました。
 このシステムにはフイルムを現像しないことによるメリット(現像液や定着液は環境によくなく、有害廃棄物になっています。)やフィルムの代わりに高感度X線センサーを使うことにより、撮影時のX線被爆量を大幅に減らせるメリットもあります。
 診断精度向上のため、レントゲン関連機器を高精度のものに更新し、放射線科の読影専門医の常駐する画像診断センターと当院のデジタル回線でDICOMサーバーをオンライン接続したシステムを構築しました。
 翌日には(緊急の際は3時間以内に)、放射線科専門医が読影したCTやMRIの画像の詳細な読影レポートが電子ファイルで当院に返信されます。
 他の医療機関からCT、MRIの検査依頼をいただきいた読影を希望される場合はこのシステムを活用し、キー画像と放射線科専門医の読影レポートを依頼元に提供することにいたしました。
(読影費用の実費は保険請求できませんので検査を依頼された医療機関にご負担いただきます)
紹介状に「検査のみ依頼」と明示していただければ、当クリニックでは検査だけを行い、そのまま患者様にはお帰りいただきます。 
 検査結果は翌日にご依頼元に電子メール又はFAXでお送り致します。
 読影をお望みでない場合は、CDにてダイコム画像をお帰りの際に患者様に直接お渡しいたします。
 このシステムのご利用を検討していただければ幸いです。
              
              医療法人 社団 峻嶺会 松澤クリニック総合健診センター
              理事長 松澤裕一

 

ページトップへ


Copyright © 2006 Matsuzawa Clinic. All rights reserved.