医療法人 社団 峻嶺会
予約ページへ
 
 

人が生活する上で一番大切な「健康」。その健康を維持し、毎日元気で活躍するには、適切な食事・運動・休養それに老化現象に対する配慮が大切です。そのために、先ず自分の体の正確な情報を得ることが必要です。人間ドックの目的は、そうしたデーターを得て、隠れた病気の危険因子や疾患を発見することです。ドックでは先ず全身状態の概略を把握するため、問診・血圧・視力・聴力検査、血液・尿・便の分析と胸部X線・心電図検査を行います(総合ドック)。次に、この結果をふまえて、より正確な情報を得るため、年齢・性別等を考慮し、各人に合わせた精密ドックを行います。当院では、最新のデジタルX線透視装置・電子内視鏡装置・超音波診断装置・全身用マルチスキャンヘリカルCT装置・MRI装置・マンモグラフィー検査装置・オンライン画像診断システム・コンピューター等を駆使して、脳・肺・乳腺・甲状腺・胃十二指腸・大腸肛門・前立腺・肝胆膵・骨等に関し、各臓器ごとにターゲットをしぼって、成人病の危険因子や癌の有無等に関し、精密検査を行います。ご予約のうえ来院していただければ、ドックは短時間で済みます。大切な各人のデーターはコンピューター管理しますので、経時的な推移が容易に把握できます。定期的に精査を受けることが大切です。その結果、健康を維持するための生活指導を行います。異常所見が認められた場合は、さらに精査の上、速やかに適切な治療を開始いたします。入院治療が必要な場合は、病状に適した病院を紹介致します。

 

人間ドックで得られる各種データーは、健康状態を把握する貴重な情報で、健康管理の適切な指針となります。少なくとも年に一度はドックを受けましょう。仕事が忙しい」「面倒くさい」「何となく怖い」など、何かと理由を付けて健診やドックを受けない人や「自分は健康そのもの」と自信たっぷりで見向きもしない人がいますが、そのような人は要注意です。ドックを受けるには少々の時間が必要ですし、出費もかかります。しかし、きちんと定期的に検査を受けて自分の健康状態を正確に把握すること。そして、健康を阻害する様々な危険因子をできるだけ排除し、病気にならないように努力すること。さらに、万一病気になっても早期に発見して、病状が悪化しないうちに治療してしまう。以上のことが、健康を維持するために最も理想的な、そして経費もかからない方法ではないでしょうか。

  医療法人 社団峻嶺会 理事長
                医学博士  松澤裕一
 

 

ページトップへ


Copyright © 2006 Matsuzawa Clinic. All rights reserved.