従来は動脈硬化や動脈閉塞の程度を測定するには複雑な装置を用いての煩雑な検査が必要でしたが、最近は動脈硬化を非観血的に測定できる専用の装置が開発されています。
 当院では{ABIホルム}を用いて動脈硬化検査を行っています。
最近開発された動脈硬化を非観血的に測定できる専用の装置です。これは家庭用の血圧計と同じ様な形状のセンサーを四肢に装着し、血管壁の硬さを反映するPWV (脈波伝播速度)と下肢動脈の狭窄度をあらわすABI(足関節/上腕血圧比)の二つの指標によって、四肢の各々の動脈の動脈硬化の進行度および重症度と血流状態を定量的に評価します。診断結果は血流状態を示す波形と動脈硬化度の数値としてすぐにプリントアウトされます。
その結果、生活習慣の改善を指導する療養計画書もプリントアウトできるので、生活習慣病治療や指導に役立ちます。

 

サンプル検査結果

 

 
 

ページトップへ


Copyright © 2006 Matsuzawa Clinic. All rights reserved.