強い磁力を用いて、生体を構成する原子のうち最も多く存在する水素原子から信号を取り出し、それを画像化する検査です。放射線を使用しませんので、放射線被曝の危険は全くありません。信号を取り出すときの条件を変えることにより、様々な性質の画像が得られますし、あらゆる角度での断層画像作成が可能ですので、それらを組み合わせることにより全身のほとんど全ての部位の撮影が可能です。

MRIMRA 正常実例

 
 

 
 

ページトップへ


Copyright © 2006 Matsuzawa Clinic. All rights reserved.