従来のレントゲン撮影はフィルムを用いるものが主流でした。直接フィルムに撮影し、これを現像して画像を得ていました。
 CR装置とはフィルムの代わりにイメージングプレートを用い、X線の情報をここに記憶させ、これをスキャンしてコンピューター処理により画像を得る装置です。
 DR装置とは、X線テレビ装置にデジタル画像処理コンピューターを組み合わせた装置です。上部・下部消化管造影検査、胆嚢・膵臓などの消化器系検査、さらに整形外科、泌尿器科領域など多目的な検査に対応し、高画質な画像を即時に提供することができます。 これらのデーターはデジタル画像データとして保存されるために、常に安定した画像が再現され、レントゲンフィルムにあったような経時的な画像の劣化は全くありません。さらにデジタル処理をほどこして新画像を作成し、各種検討をすることも出来ます。 また、デジタルデーターのため光ケーブル等のネットワークを経由して遠方の診断施設や他の病院等へ画像を送信し、先方で全く同じ画像を観察できる大きなメリットがあります。
 それ以外にも現像しないことによるメリット(現像に必要な現像液や定着液は特有のいやな臭いもあり環境にはよくないもので有害廃棄物になっています。)やフィルムの代わりに高感度X線センサーを使うことにより撮影時のX線の被爆量を大幅に減らせるメリットもあります。
 このような多くの利点があるため、当院では全てのレントゲン関連機器はデジタル処理専用の機器を採用しております。また各機器のデーターは院内のネットワークを介して中央サーバーで管理し、各診察室で利用しています。

X線テレビジョンシステム
当クリニックでは、最新鋭のデジタX線TVシステム「島津製作所 SHIMAVISION RSiII」(参考資料) を設置しています。
この装置は、従来のX線TVと最新のデジタルラジオグラフィシステムとの組み合わせにより、高精細デジタル画像による、迅速な画像診断を行います。疾患の早期発見、早期治療に威力を発揮いたします。

 

●高品質デジタル透視を実施
有効画素1024×1024・30画像/秒のハイライン・ハイスピードCCDカメラを採用、あわせて高画質デジタルプロセッシング機能を搭載、世界最高レベルの高品質デジタル透視画像を提供します。

 
 

ページトップへ


Copyright © 2006 Matsuzawa Clinic. All rights reserved.