予約ページへ
 

「アミノインデックス」とは、味の素(株)が開発した血液中の各種アミノ酸濃度を測定して健康状態や病気の可能性を調べる解析サービスです。AICS(AminoIndex Cancer Screening)は、この「アミノインデックス」の技術を用い、健康な人と癌である人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、癌であるリスク(可能性)を予測する検査です。

なぜ、アミノ酸分析で癌のあるリスクがわかるのでしょうか?
 人の体の約20%は蛋白質で構成されており、その蛋白質は約20種類のアミノ酸からできています。血液中のアミノ酸は健康なときはその濃度は常に一定に保たれるようコントロールされていますが、体に何か異常があれば、疾患に応じて特徴的な変化が出現します。 癌患者の血液中のアミノ酸濃度について調べると、アミノ酸濃度バランスに変化が見られ、明らかに健康な人と異なる増減を示します。さらに、癌の種類によってその変化のパターンに特徴があることがわかりました。そこで、アミノ酸濃度バランスの変化のパターンをみて癌であるリスクを評価しようというのがAICSなのです。

どの癌でもわかるのでしょうか?
 どの癌でもわかるわけではなく対象となるのは、胃癌・肺癌・大腸癌・前立腺癌・乳癌・子宮癌・卵巣癌です。ただ、個々の癌のリスクについての区別は出来ません。
 
実施できる検査項目は以下の3種類のセットがあります。
 ◎男性AICS, 5種セット(胃癌・肺癌・大腸癌・膵臓癌・前立腺癌)
 ◎女性AICS, 6種セット(胃癌・肺癌・大腸癌・膵臓癌・乳癌・子宮癌、卵巣癌)
 
 受診者のデータは統計的に解析され、癌に罹患している確率を算出した数値がAICS値で、0.0〜10.0の間の値をとり、癌である確立が高いほど高値になります。リスクの低い順にランクA、B、Cに分類されます。確定診断ではないため、ランクAなら癌の心配はまったくないということはありませんし、ランクCだから必ず癌であるということでもありません。AICSはあくまで受診時点での癌であるリスクを評価する検査ですので、実際に癌があるかどうかは他の既存検査を行い総合的に判断する必要があります。

 AICS検査に関する注意点は?
1)AICSは胃癌・肺癌・大腸癌・乳癌は25〜90歳の、前立腺癌は40〜90歳の、子宮癌・卵巣癌は20〜80歳の日本人を対象として開発された検査ですので該当しない方は評価対象外です。

2)採血(5ml)は夕食後8時間以上絶食の後、午前中に行う必要があります。

3)アミノ酸含有のスポーツ飲料やサプリメント、アミノ酸製剤、牛乳、ジュースなども食事同様控える必要があります。

4)妊娠中の人は、AICS値に影響が出るため検査を受けることはできません。

 AICSは血中のアミノ酸濃度によって統計的に癌であるリスクを評価し、既存検査で陽性とならなかった癌や画像で見逃しやすい小さなサイズの早期癌にも対応するため、癌の発見率向上につながることが期待されています。癌が産生する物質の存在とその量を測定する腫瘍マーカー検査は癌がある程度進行しないとはっきりとした変化が見られないので早期癌への感度は高くありません。この点、血液中のアミノ酸濃度は癌発症の早期でも変化しますので、AICSはごく早期の癌も発見できる可能性があります。AICSは簡便にできて体への負担も少なく、がんの早期発見の糸口が期待できる検査と言ってよいでしょう。


 

ページトップへ


Copyright © 2006 Matsuzawa Clinic. All rights reserved.