予約ページへ
 

 

 

全身状態の概略を把握するための検査です。            
 
診察         問診し、既往症等をチェックします。

身体計測      身長・体重・腹囲等を測定します。

視力         視力検査を行います。

血圧測定      血圧計で血圧を測定します。

理学的検査     聴打診を行います。

聴力検査      オージオメーターで1000Hz・4000Hzの聴力を判定します。

尿検査        尿中の(糖・蛋白・ウロビリノーゲン・潜血)、尿沈渣を判定します。

肺機能検査     喘息・肺気腫・肺線維症等で出現する肺の機能障害の種類や程度を判定します。

血液学検査
           白血球数(WBC)・赤血球数(RBC)・血色素(Hb)・ヘマトクリット値(Ht)・血小板数(PLT)
           平均赤血球容積(MCV)・平均赤血球血色素量(MCH)・平均赤血球血色素濃度(MCHC)
                       (貧血、炎症性疾患、白血病等のチェックです)

血液生化学検査

        血清総蛋白       (全身的な栄養状態の把握。肝臓・胃・腎臓の病気に関係する)

        総ビリルビン       (肝炎・胆道閉塞等で上昇する)

        ZTT            (肝臓病の慢性化をみたり、リウマチのような慢性の病気の参考になる)

        GOT            (肝炎のとき上昇、心筋梗塞でも上がる)

        GPT            (肝炎で上昇、活動期のめやすになる)

        γ−GTP         (アルコール性肝炎で増加する)

        ALP            (肝臓や胆嚢の病気に関係するが、時に骨の病気でも上昇する)

        LDH            (GOTとの組み合わせで損傷臓器の推定が可能)

        アミラーゼ        (膵臓炎に関係する)

        血糖            (糖尿病の診断に必要である)

        HbA1c          (糖尿病での長期血糖コントロールの評価がなされる)

        総コレステロール       (動脈硬化の危険因子で、高いと心臓や脳の血管障害をひきおこす)

        HDLコレステロール      (体に有益なコレステロール) LDL(有害なコレステロール)

        中性脂肪         (脂質代謝異常の評価に繁用される)

        尿素窒素・クレアチニン   (腎臓のはたらきが悪いと上昇する)

        Na、K、Cl        (体液の異常を推定する)

        尿酸           (痛風や腎臓の病気で上昇する)

血液免疫学的検査

        RA              (リウマチ疾患で上昇する)

        CRP            (炎症・組織障害を起こす疾患の活動性・重症度・経過を見る)

        HBs抗原・HCV抗体   (肝炎ウイルス検査)

        ガラス板法・TPHA    (梅毒検査)

胸部正面、側面X線検査        胸部をレントゲン撮影装置で正面と側面より撮影する。

心電図検査                12誘導の心電図検査を行う。

便潜血検査(二日法)          便に血液が存在するか分析判定する。

眼底検査                 眼底カメラで眼底を撮影いたします。

腹部超音波検査又は腹部CT検査  肝臓・胆嚢・腎臓・膵臓・脾臓の超音波又はヘリカルCTの検査の検査。

胃内視鏡検査又は胃透視検査    上部消化管(食道・胃・十二指腸)の検査。

(腹部超音波検査か腹部CT検査、胃内視鏡検査か胃透視検査のどちらを受けるかは予約時にお申し出下さい。腹部CTと胃透視検査は放射線を用いますので妊娠の可能性のある方や妊娠中の方は選択出来ません) 



 

 

 

 

 
ページトップへ

Copyright © 2006 Matsuzawa Clinic. All rights reserved.