予約ページへ
 

 

 

 当院で行っている内臓脂肪ドック  動脈硬化ドック 頸動脈エコードック 糖尿病・高脂血症の採血を一括して行い、総合的に生活習慣のリスクを判定するドックです。

 近年、高脂肪食に代表されるライフスタイルの欧米化や、ストレスの増加、運動不足等の不適切な生活習慣に伴い肥満・動脈硬化症・高血圧症・糖尿病・高脂血症が高齢者だけでなく若年者にも徐々に増加しています。
 これらは初期には症状がなく、元気に生活している方はリスクを実感することはありません。しかし、これらは相互に悪影響を及ぼしつつ徐々に進行し、ある時点で「病気」となって出現し、時には一気に生命を奪ってしまうこともあります。生活習慣病をしっかりとらえ、正確に判定する事が大切です。

{肥満}
 肥満を考えるのに身長・体重を測定し一般平均値と比較して「肥満度」を判定するのはあまり意味がありません。なぜなら、一見痩せてみえても,体脂肪率が標準より高い人や、おなかの中の内臓のまわりに脂肪が蓄積される「内臓脂肪型肥満」の人が多いからです。よく耳にする「隠れ肥満」も、この肥満に含まれ、「内臓脂肪型肥満」が最も危険であることが最近の研究で明らかになってきたからです。内臓に脂肪がたまると、糖や脂肪が代謝されにくくなり、糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞などが起きやすくなるため、内臓脂肪の測定は、肥満症の管理や治療だけにとどまらず、動脈硬化性疾患の予防や治療にも極めて重要です。計測方法としては、従来インピーダンス法等が用いられましたが、これでは正確に計測出来ないことが最近明らかになりました。現在、CT画像解析による脂肪分布計測方法がもっとも正確で誤差が少ない方法と考えられています。当院では臍レベルのCTスキャン断面像から高精度な計測を行い、脂肪組織の面積を計測し、専用の内臓脂肪計測ソフトウエアを採用し、内臓脂肪面積、皮下脂肪面積など、領域ごとに自動計測し内臓脂肪の高精度な判定を行っています。

{動脈硬化}{血圧}
 脳では脳梗塞に、心臓では狭心症から心筋梗塞に、下肢では間欠性跛行から下肢の壊死に、腸では腸管壊死に、腎臓では腎不全にと動脈硬化が進行しで各臓器の血管が詰まると生命に関わる重大な病態が出現します。問題なのは、こうした疾患は中等度から高度の動脈硬化が発生しただけでは出現しないで、進行して動脈内に血栓による狭窄や閉塞が生じて初めて発生するという点です。このため、動脈硬化が隠れていても、元気に生活しておられる方の場合、動脈硬化についての認識がありません。したがって、食生活を改善したり積極的に運動したり禁煙するといった動脈硬化の予防や改善のための努力をしないという点も他の病気と基本的に異なります。動脈硬化の測定は当院では先ず「ABIホルム」の検査を行います。計測センサーを四肢に装着し、血管壁の硬さを反映するPWV (脈波伝播速度)と下肢動脈の狭窄度をあらわすABI(足関節/上腕血圧比)の二つの指標によって、四肢の各々の動脈の動脈硬化の進行度および重症度と血流状態を定量的に評価します。診断結果は血流状態を示す波形と動脈硬化度の数値としてすぐにプリントアウトされます。次に「超音波診断装置」により左右頸動脈の血管内腔の形状、血管内膜面および血管壁の状態を観察し内膜中膜複合体の厚さを計測し、血管の老化が何歳相当か判定されます。

{糖尿病}
 ヘモグロビンA1c を採血により測定します。
{高脂血症}
 総コレステロール・善玉コレステロール・悪玉コレステロール・中性脂肪を採血により測定します。

 生活習慣病はそれによる症状が出現しないうちに対策を講じることが大切です。若々しく充実した生活を送るのに大切なこと。それは、まず最初にご自身の肥満・動脈硬化症・高血圧症・糖尿病・高脂血症の各数値をしっかり把握し、現在の健康状態を正確に認識する事ではないでしょうか。

 

ページトップへ


Copyright © 2006 Matsuzawa Clinic. All rights reserved.