予約ページへ
 

 

 

 腫瘍(癌)が発生してそれが大きくなっていくと、健康時にはみられなかった特殊な物質(腫瘍マーカー)がその腫瘍から血液中に出ていきます。腫瘍マーカーは何種類もあり臓器特異性があるため、この数値が基準以上の場合、その臓器に癌が出来ている可能性が考えられます。
 ただ、腫瘍マーカーは良性疾患でも産出されたり、健康でも微量に存在することもありますので、腫瘍マーカーの検査値が正常値を越えていても、必ず癌があるということではありません。
また、腫瘍マーカーは癌が発生しても進行してかなり大きくなってこないと検出されないことが多いので、腫瘍マーカーが全て正常範囲であっても癌がどこにも存在しないということでもありません。
 高値を示した場合は癌が存在する可能性があるわけですので、その場合はそれぞれの臓器についての画像診断を含めた慎重な精密検査や再検査を含めた経過観察が必要になります。
 
 当院のドックでは臓器特異性が比較的良く、感度が高いマーカー(男女共通項目12種、性別項目2種)の14項目をセットにして検査を行います。

上記は腫瘍マーカー
下記は高値の場合の臓器特異性を示します。

1, TPA
   食道癌、胃癌、直腸・結腸癌、乳癌、肝細胞癌、胆道癌、膵癌、肺癌、子宮癌

2, CEA
   大腸癌、胃癌、直腸癌、胆道癌、膵癌、肺癌、乳癌、子宮癌、尿路系癌

3, BFP
   卵巣癌、睾丸腫瘍、前立腺癌、膵癌、胆道癌、肝細胞癌、腎臓癌、肺癌、胃癌、膀胱癌,大腸癌

4, AFP
   原発性肝癌、肝芽腫、転移性肝癌、先天性胆道閉塞症、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、妊娠後期

5, CYFRA(サイトケラチン19フラグメント) 
   肺癌

6, NSE
   肺癌、神経芽細胞腫

7, CA19-9
   膵癌、胆道癌、胃癌、肝癌、大腸癌、卵巣癌

8, Elastase-1
   膵癌、膵嚢癌、胆道癌

9, Span-1
   膵癌、胆道癌、肝癌、胃癌、大腸癌

10,SCC
   子宮癌(頸部扁平上皮癌)、肺癌、食道癌、頭頸部癌、皮膚癌

11,DUPAN-2
   膵癌、肝癌

12,CA72-4
   卵巣癌、乳癌、胃癌、大腸癌、膵癌

13,CA15-3 女性のみチェック
   進行乳癌、再発乳癌、原発性乳癌、卵巣癌

14,CA125  女性のみチェック
   卵巣癌、子宮体部腺癌、卵管癌、子宮頸部腺癌、膵癌、肺癌、大腸癌

15,PSA 男性のみチェック
   前立腺癌

16,γ-Sm 男性のみチェック
   前立腺癌

 

 

 

 

ページトップへ


Copyright © 2006 Matsuzawa Clinic. All rights reserved.