予約ページへ
 

 近年、ライフスタイルの欧米化、食生活の変化、高齢化に伴い、動脈硬化性の疾患が増加しています。
 脳の血管が詰まると脳梗塞に、心臓の血管が詰まると狭心症から心筋梗塞に、下肢の血管が詰まると間欠性跛行から下肢の壊死にと、生命に関わる重大な病態が出現します。問題なのは、こうした疾患は中等度から高度の動脈硬化が発生していてもなかなか出現しないで、動脈硬化がかなり進行して動脈内に血栓による狭窄や閉塞が生じるようになって初めて発生するという点です。
 このため、動脈硬化が隠れていても、病気知らずで健康に生活しておられる方の場合、ほとんど動脈硬化についての認識がありません。したがって、食生活を改善したり積極的に運動したり禁煙するといった動脈硬化の予防や改善のための努力をしていないという点も他の病気と基本的に異なります。
 ご自分の動脈に動脈硬化があるのか、あるとすればどの程度か、放置しても大丈夫な程度か、あるいは閉塞する寸前の状況かといった点をしっかり認識することが高齢化に伴い発生する病気を防ぐために大切なことではないでしょうか。
 従来は動脈硬化や動脈閉塞の程度を測定するには複雑な装置を用いての煩雑な検査が必要でしたが、最近は動脈硬化を非観血的に測定できる専用の装置が開発されています。

 「ABIホルム」を用いて動脈硬化検査を行います。
 
 これは、最近開発された動脈硬化を非観血的に測定できる専用の装置です。
 家庭用の血圧計と同じ様な形状のセンサーを四肢に装着し、血管壁の硬さを反映するPWV (脈波伝播速度)と下肢動脈の狭窄度をあらわすABI(足関節/上腕血圧比)の二つの指標によって、四肢の各々の動脈の動脈硬化の進行度および重症度と血流状態を定量的に評価します。
 診断結果は血流状態を示す波形と動脈硬化度の数値としてすぐにプリントアウトされます。
 その結果、生活習慣の改善を指導する療養計画書もプリントアウトできるので、生活習慣病治療や指導に役立ちます。

 

ページトップへ


Copyright © 2006 Matsuzawa Clinic. All rights reserved.