予約ページへ
 

 肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓癌は発生しても早期には何も症状はありません。
 時間が経ってかなり大きな腫瘍を形成するようになっても特別な症状が出ないことも多く、症状が出現したときにはすでに手の施しようがない症例が少なくありません。
 このドックは腫瘍マーカー検査、腹部超音波検査とマルチスキャンヘリカルCT検査を行い、肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓を精査します。
 
 
 当院のドックでは次の項目のチェックを行います。

 腫瘍マーカー検査   CA19-9・AFP・Span-1・DUPAN-2

 腹部超音波検査    肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓を超音波診断装置で撮影します。

 腹部CT検査   上腹部をマルチスキャンヘリカルCT装置を用いて断層撮影します。

 
ページトップへ

Copyright © 2006 Matsuzawa Clinic. All rights reserved.