予約ページへ
 

 

 

 触診、デジタルマンモグラフィー、超音波(組織弾性画像診断)検査を行い、総合的に判定を行います。 


「デジタルマンモグラフィー」

 デジタルマンモグラフィーは乳腺専用に開発された特殊なレントゲン装置と高感度の専用デジタル装置を使って撮影する乳腺のX線撮影です。
 乳房は胸壁外側に存在しており、周囲を脂肪組織に包まれた柔軟な組織のため、小さな癌病巣が存在しても通常の胸部撮影のようなX線撮影では病変は描出されません。撮影装置の平らなプラスチック板で乳房を圧迫するようにして撮影します。圧迫して乳房を少しでも薄くすると、正常の乳腺と乳癌のコントラストがはっきりして、乳房内部の様子がよくわかるようになります。

 「乳房を圧迫すると痛いのでは? 乳房に傷が付かないか?内出血しないか?」

 敏感な圧力センサーが内蔵されおり、設定された安全な圧力以上にならないよう自動的に圧迫が回避される仕組みになっていますので全く心配ありません。

 「どのように撮影を行うのでしょうか?」

 乳房は内側上方の固定部と、それ以外の可動部がありますが、可動部を十分に引き出して装置に密着させる必要があります。まず装置を斜めに回転させて右腕を持ち上げる体位で内外斜位方向撮影を行います。
 これにより、右乳房上外側、後方(背側)の乳腺組織が撮影されます。次に装置を垂直にして右腕を降ろした体位で頭尾方向撮影を行います。これにより、先の撮影では描出しにくい乳房中央内側寄り、外側の一部が撮影されます。
 
 「どのように判定を行うのでしょうか?」

マンモグラフィーは非常に微細な所見を検出して判定します。そのため、撮影装置は一般の胸部撮影などと異なり高い精度が要求されます。厳しい使用基準が定めれており、それに合格した専用機器を用いて、訓練を受けた医師や放射線技師が撮影を行うよう定められています。
 当院ではマンモグラフィー精度管理中央委員会認定の認定医が診断を行います。

「超音波組織弾性画像診断」

 最近画期的な乳癌の超音波検査装置が世界で初めて開発されました。
 従来の乳癌の超音波検査は乳腺組織の切断画像を白黒で表現し、腫瘍の有無を調べていました。
 これは組織の違いを白黒の濃淡で表現するもので、小さな腫瘍は描出が難しく、たとえ病変部が見つかったとしても、それが癌なのか良性なのかを診断するにはかなりの知識と経験が必要でした。
 乳癌研究者が手術で摘出した多くの乳腺腫瘍の標本で調べた結果、良性のものは柔らかく、悪性のものほど硬いことが明らかになり、超音波により得られた情報から腫瘍組織が柔らかいのか硬いのか判断できれば癌かどうか推定出来ることが解りました。
 超音波を使って硬さを表示する技術はこれまでもあったのですが、コンピューターを使用し長時間に及ぶ計算が必要なため巨大な設備が必要で実際の診療で使えるようなものはありませんでした。
 当院の「超音波組織弾性画像診断装置」は乳癌組織の硬さをリアルタイムに描出するコンパクトな装置で世界で初めて商品化されたもので、柔らかい部分は赤く、硬い部分は青く超音波画像に硬さの違いがリアルタイムに色分けして表現されます。
 硬さの違いを画像化することにより従来の超音波装置では周囲組織とコントラストが同じため見えなかったような小さな腫瘍でも発見することが可能です。
 疑わしい部分が発見された場合、その部分と正常部分を画面上でマーキングし、組織の硬さの比率を自動判定することにより良性、悪性の質的判断が可能です。
 (この装置には精密な穿刺装置が併設されていますので、後ほど、超音波で疑わしい部位を正確に狙いを定めて細い穿刺針で穿刺して直接細胞検査を行うことも可能です。)
 欧米ではマンモグラフィーを使った乳癌検診が常識です。マンモグラフィーは体の外側からの視診や触診では触れない微細な乳癌が画像として描出されるためです。日本でも乳癌の早期発見にはマンモグラフィーが中心であることにかわりはありません。ただ、マンモグラフィーが乳癌発見に万能ではないことも最近解ってきました。
 マンモグラフィーは比較的高齢の萎縮傾向にある乳腺の癌の発見は得意で微少な癌が沢山見つかっています。しかし、若い方のみずみずしい乳腺の場合は脂肪や水分が多いためにマンモグラフィーで腫瘍とのコントラストが得にくく、小さな乳癌だと写りにくいことのあることも解ってきました。
 乳房が比較的小さな場合や出産直後の場合にはマンモグラフィーで乳房を十分に圧迫が出来ないために乳腺全体をきちんとカバーした画像が得られないことも少なからずあります。
 このようなことから乳癌検診ではマンモグラーフィー検査に超音波を併用して乳腺の隅々までしっかりスキャンする必要のあることが最近の定説になっており、当院でも最初からこの方法を採用して乳腺ドックを行ってきました。
 比較的初期の乳癌は疼痛等の自覚症状は全くありませんし、進行してある程度の腫瘤を形成して来ないと触診してもまず判りません。
 最近の研究では視診・触診での乳癌検診を行っても乳癌を早期発見し死亡率を減少させるのに役に立たないことが明らかになりました。
 マンモグラフィーでは視診や触診では解らない微細な乳癌が画像として描出されるため、マンモグラフィーを使った乳癌検診は常識ですが、乳癌の超早期発見には「超音波組織弾性画像診断装置」を用いた精密な超音波検査の併用を行うことをお勧めいたします。

 
ページトップへ

Copyright © 2006 Matsuzawa Clinic. All rights reserved.