予約ページへ
 

 肺ドックのご案内  
 日本人の死亡原因の一位は肺癌です。肺癌は早期発見すれば治療できる確率の高い疾患です。しかし、日本人の死亡原因の一位である癌の中でも、肺癌による死亡率は胃癌死亡を抜き、全部の癌死亡のトップになりました。最近様々な要因により肺癌の発生頻度が以前より多くなっていると言われています。基本的に肺癌のほとんどは、無症状で進行しますので、早期発見の難しい病気です。発見が遅れれば遅れるほど、治療が困難になりますので自覚症状がなくても定期的なチェックが大切です。
 一般の肺の検診では胸部レントゲン撮影を行いますがそれだけで十分でしょうか。胸部レントゲンは死角があります、肺の3分の1にあたる心臓や横隔膜の後方部はCTでは見えますが、胸部レントゲン撮影ではほとんど見えません。また鎖骨や肺門部の後ろ側も同様に見えにくい部分ですので、一枚のレントゲン撮影で小さな異常所見を全部見つけるのは難しいのが現状です。
 
 「マルチスライスヘリカルCT」
 当院では、精度が高く様々な疾患の診断に効果的な最新のマルチスライスヘリカルCTを導入しました。
 旧来のCTは一枚ずつ断層画像を撮影しますが、ヘリカルCTは身体を螺旋状に連続撮影します。そのヘリカルCTがさらに進化したものがマルチスライヘリカルCTで、多数の検出器を装備し複数面を一気に連続撮影できるため、検査を受ける方の負担が大幅に軽減され、撮影精度も格段に向上しました。膨大なデジタルデーターをコンピューター処理することにより様々な分析を行うことが出来ます。






 「肺気腫の度合いが数値でわかる検査:LAA解析」
 慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstractive Pulmonary Disease : COPD)は「肺の生活習慣病」とも呼ばれ、痰や咳、息切れなどを伴う慢性の呼吸器疾患です。これは気流制限によって生じる閉塞性換気障害を特徴とする疾患で肺気腫と慢性気管支炎との2つに分類されますが喫煙を主とする有害物質を長期に吸入することで肺に炎症が生じ呼吸機能検査で正常に戻らない気流閉塞を来します。気流閉塞は末梢気道病変と気腫性病変が様々な割合で複合的に作用し、進行性であることが特徴です。臨床的には徐々に生じる体動時の呼吸困難や慢性の咳、痰が少しずつ進行するのが特徴で細菌やウイルス感染により症状が急激に悪化すると、最悪の場合は死につながります。 厚生労働省の統計によると、2005年に1万5千6人弱(全死亡数の1.3%)がCOPDにより死亡し、死亡原因の10位、男性に限ると7位を占めており今後も更に増加する見通しです。気管支喘息も閉塞性肺疾患の一つですがアレルギーを主病因とすること、通常は可逆的であること、好発年齢が若い、などの点でCOPDと異なるりますがCOPDと喘息が合併する場合もあるので注意が必要です。この病気は早期に発見し対策を講じれば進行を抑えれれるのですが従来は呼吸機能検査や医師が直接レントゲン画像を観察し、その広がり具合を推定するくらいで、これまで簡単で有効に肺気腫を早期発見し進行具合を比較検討する方法がありませんでした。肺気腫はCT画像上に低吸収領域(LAA)として描出されます。最近高度なコンピュータ画像処理の発達により、その面積(LAA)及び、肺野面積に占める割合(%LAA)が容易に求められるようになりました(LAA解析ソフトウエア)。これによりCOPDの進行度が視覚的に判断することが可能になりましたので、診断治療や禁煙指導等に有用です。





 


「喀痰細胞診」 
 喀痰中の癌細胞を顕微鏡で見つける検査で、喫煙者に多い太い気管支に好発する肺癌発見に特に有効です。
 
 「腫瘍マーカー」
 体の中に腫瘍(癌)が発生すると、特殊な物質がその腫瘍により作られ、血液中に出現してきます。腫瘍マーカーは、癌の発生臓器と強い関連性をもつので、この物質が基準以上に出たときは、癌があることが推測されます。 採血を行い、肺癌に関連した腫瘍マーカーのCEA、SCC、NSEを測定します。

 「肺機能検査」
喘息・肺気腫・肺線維症等で出現する肺の機能障害の種類や程度を判定します。


 当院の肺ドック

 「簡易肺ドック」    マルチスライスヘリカルCT検査
 「慢性肺疾患ドック」  マルチスライスヘリカルCT検査・LAA解析・肺機能検査
 「肺癌ドック」      マルチスライスヘリカルCT検査・喀痰細胞診・腫瘍マーカー検査
 「総合肺ドック」    マルチスライスヘリカルCT検査・喀痰細胞診・腫瘍マーカー検査・LAA解析・肺機能検査

 
ページトップへ

Copyright © 2006 Matsuzawa Clinic. All rights reserved.